RML

  • HOME
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ

清水 英孝

アッパーマーケットでの成功とは?

生保業界を永く続け、顧客を守り続けていくことは営業パーソンにとって永遠のテーマです。そのためには、継続的に紹介を入手し保有を増やし続けることが鍵であると言われています。なぜなら、保有契約(新契約を含む)が紹介を生む最大のリソースであるからです。この考え方に異論を挟む人は誰もいないでしょう。
一方保有契約は永遠に手数料を生み続けるわけではないことも周知の事実です。
私たちの目指すべきはこの相反するテーマ(保全と新契約)を両立させることではないでしょうか?
つまり、保有契約から紹介を得るのみならず、保有契約そのものが新たな手数料を生む構造を築き上げることです。 そのための、唯一の解決策は富裕層への販売です。

「ステップアップ・トレーニングセミナー」の講師陣・カリキュラムのご紹介

アッパーマーケットの考え方 / オリエンテーション

アッパーマーケットへチャレンジするに当たり、個人保険販売との共通点・相違点を整理。
「営業パーソンが伝えたい情報を見込客が聴きたい情報に変換する技術」など、 必ず抑えておかなければならない考え方やセオリーを学びます。

決算書の100%活用術

法人保険を正しく販売するためには、企業経営における経営者の悩みを把握する必要があります。ここでは、決算書の構造を理解することにより経営者の最大関心事である「資金」の流れと、経営上の問題を捉え、生命保険と財務の関係を学びます。

富裕層ビジネスに不可欠な証券知識 -なぜ投資信託で損をしてしまうのか-NEW!

資産を運用する際のポイントは「なぜ損をするのか」しっかりと理解すること。その「損をする理由」の中に、資産を増やすコツが見えてきます。資産運用の基礎から商品選びのポイントまで、お客さまにアドバイスするための知識を習得します。

総合資産コンサルティングのすすめ -富裕層の問題解決への視点-

資産家ほど自身の資産を把握しきれず、問題点が見えにくくなっているものです。 本当のコンサルティングは、金融資産・保険・不動産などを総合的にウォッチ することにより可能となります。ここでは、ケーススタディなどを交えながら コンサルティングの視点を身につけていきます。

ドクターの壁を乗り越える為に欠かせない基礎知識

初回面談の壁が高いと言われているドクターマーケット。スムーズに面談に入る ためにはドクターが関心を持っている情報を提供できなければなりません。 ここでは、ドクターが置かれている環境を理解し、効率的な医業経営に役立つ 知識を習得します。

ドクターマーケットの攻略法

知識武装だけでは、残念ながら生保販売の実績にはなかなか結びつきません。ここでは、基礎知識で学んだことを活かし、ドクターへの具体的なアプローチトーク、保険設計のノウハウ、ドクターマーケット拡大手法などを現役の生保トップセールスマンから学びます。

相続問題で顧客の信頼を得るための基礎知識

資産家が抱える最大の悩みは「相続」です. 資産家にアプローチするためには、まずは相続の全体像を理解し、語れるように ならなければなりません。ここでは、相続の基本的な知識を身に付け、特に土地 富裕層の悩みを具体的なケーススタディを通して理解します。

事業承継はオーナー経営者が抱える最大の関心事

オーナー経営者にとって「自社株問題」「事業承継」は永遠のテーマです。 生保セールスパーソンがその解決方法のヒントを伝えることだけでも、信頼度が アップするのは確実です。ここでは、実例から事業承継時の問題把握手法と、 その解決方法を学びます。

経営者の関心が薄いからこそチャンスがある福利厚生制度

福利厚生は、中小企業経営者にとって先送りしがちな分野の一つです。 ただ、この分野を放置しておくと経営の根幹を揺るがすような大問題に発展する 危険性があります。ここでは、労務人事コンサルの現場から、旬な話題を取り 上げ、経営者が見落としがちな問題点を実例から学びます。

法人ニードセールスと法人アプローチ(1) (2)

お客様に同じ情報を伝えているのに成果に結びつくケースとそうでないケースが あります。つまり、同じ情報でも「伝え方」によって大きな差が生じるのです。 当セミナーで習得した専門知識を活かすための営業技術や具体的なトークを 第10回・第11回を通じて学びます。

ページの上へ